更新年月日・2017年5月8日




沿革

年月日 出来事
昭和46年1月1日

学校設置(横浜市瀬谷区二ツ橋486番地 ゆうかり園)

初代 日比芳次校長 就任

昭和46年4月1日 小学部、中学部開設(小1年2学級、中1年2学級)
昭和46年8月26日 新校舎に移転(A棟、B棟、本館)
昭和46年9月1日 小学校2年〜6年(各2学級)・中学部2年(2学級)増
昭和46年10月9日 開校記念式挙行(開校記念日)
昭和47年4月1日

幼稚部、高等部、情緒障害学級開設(幼2学級、高1年3学級、

情緒障害学級1学級)情緒障害学級は青空学級とよぶ。

昭和47年4月18日 校舎(C棟)、体育館、プール、食堂、寄宿舎、完成
昭和49年3月7日 第一回高等部卒業証書授与式挙行
昭和49年4月1日 幼2学級、小12学級、中9学級、高9学級、情緒障害学級1学級となる。
昭和49年9月28日 校舎(D棟)完成(情緒障害学級2教室・遊戯室等)
昭和50年1月1日 相模原養護学校、校舎の一部使用、同年10月3日まで。
昭和50年8月31日 日比芳次校長 退任
昭和50年9月1日 第二代 和田登校長 就任
昭和51年1月1日 保土ヶ谷養護学校、校舎の一部使用、同年12月24日まで。 
昭和51年4月1日

情緒障害学級1学級増設(若葉学級)幼1学級

小12学級、中9学級、情緒障害学級2学級となる。

昭和53年3月31日 中学部所属の情緒障害学級(青空教室)廃止
昭和53年4月1日

小学部所属の情緒障害学級(竹の子学級および低学年生)増設

幼2学級、小12学級、中9学級、高9学級、情緒障害学級2学級となる。

昭和54年4月1日

中学部所属の情緒障害学級1学級増設、幼2学級、

小17学級(小所属情緒障害学級2学級)

中12学級(中所属情緒障害学級1学級)、高9学級となる。

昭和55年4月1日 幼2学級、小20学級、中14学級、高9学級となる。
昭和55年11月1日 創立10周年記念式典挙行
昭和56年4月1日 幼2学級、小18学級、中14学級、高11学級となる。計45学級。
昭和56年8月31日 和田登校長 退任
昭和56年9月1日 第三代 立脇要校長 就任
昭和57年4月1日 幼2学級、小15学級、中14学級、高11学級となる。計42学級。
昭和58年4月1日 幼2学級、小14学級、中14学級、高13学級となる。計43学級。
昭和58年11月30日 神奈川県教育委員会より優良PTAとして表彰を受ける。
昭和59年4月1日 幼2学級、小14学級、中13学級、高15学級となる。計44学級。
昭和60年3月31日 立脇要校長 退任
昭和60年4月1日

第四代 中谷康彦校長 就任

幼2学級、小11学級、中15学級、高16学級となる。計44学級。

昭和61年4月1日 幼2学級、小10学級、中15学級、高19学級となる。計46学級。
昭和62年4月1日 幼1学級、小8学級、中14学級、高21学級となる。計44学級。
昭和63年4月1日 幼2学級、小8学級、中13学級、高23学級となる。計46学級。
平成元年3月31日 中谷康彦校長 退任
平成元年4月1日

第五代 扇三郎校長 就任

幼2学級、小10学級、中11学級、高22学級となる。計45学級。

平成2年3月20日 寄宿舎肢体不自由部門改修工事完了。
平成2年4月1日 幼2学級、小9学級、中13学級、高21学級となる。計45学級。
平成2年10月20日 創立20周年記念式典挙行
平成3年4月1日 幼2学級、小10学級、中11学級、高22学級となる。計45学級。
平成3年9月13日 体育館ステージ改修工事完了。
平成4年4月1日 幼1学級、小8学級、中9学級、高21学級となる。計39学級。
平成5年3月31日 扇三郎校長 退任 
平成5年4月1日

第六代 上田良子校長 就任

幼1学級、小8学級、中9学級、高22学級となる。計40学級。

平成6年4月1日 幼2学級、小8学級、中10学級、高20学級となる。計40学級。
平成7年4月1日 幼2学級、小8学級、中10学級、高17学級となる。計37学級。
平成8年3月31日 上田良子校長 退任  
平成8年4月1日

第七代 林為紀校長 就任

幼2学級、小10学級、中8学級、高14学級となる。計34学級。

平成9年3月24日 グランド整備工事完了。
平成9年4月1日 幼2学級、小9学級、中8学級、高13学級となる。計32学級。
平成10年3月31日 林為紀校長 退任 
平成10年4月1日

第八代 八田尚夫校長 就任

幼1学級、小9学級、中8学級、高13学級となる。計31学級。

平成11年4月1日 幼2学級、小9学級、中9学級、高12学級となる。計32学級。
平成12年4月1日 幼1学級、小11学級、中8学級、高14学級となる。計34学級。
平成12年12月2日 創立30周年記念式典挙行
平成13年3月31日 八田尚夫校長 退任
平成13年4月1日

第九代 松田龍介校長 就任

幼3学級、小13学級、中8学級、高15学級となる。計39学級。

平成14年4月1日 幼2学級、小12学級、中10学級、高16学級となる。計40学級。
平成15年4月1日

教頭、複数(2人)となる。

幼2学級、小16学級、中12学級、高19学級となる。計49学級。

平成16年3月31日 寄宿舎廃舎
平成16年3月31日 松田龍介校長 退任
平成16年4月1日

第十代 菅原雅彦校長 就任

幼1学級、小23学級、中13学級、高20学級となる。計57学級。

平成17年4月1日

幼1学級、小28学級、中16学級、高25学級となる。計70学級。

本校分教室(高等部)、県立大和東高等学校内に設置。

平成18年3月31日 幼稚部閉部
平成18年4月1日 小30学級、中19学級、高27学級となる。計76学級。
平成19年4月1日 小34学級、中24学級、高27学級となる。計85学級。
平成20年3月31日 菅原雅彦校長 退任
平成20年4月1日

第十一代 田村順一校長 就任

小36学級、中26学級、高26学級となる。計88学級。

平成21年4月1日 小34学級、中26学級、高30学級となる。計90学級。
平成22年4月1日 小34学級、中25学級、高30学級となる。計89学級。
平成23年3月31日 田村順一校長 退任
平成23年4月1日

第十二代 鈴木友紀恵校長 就任

小33学級、中24学級、高30学級となる。計87学級。

平成24年4月1日

小29学級、中22学級、高33学級となる。計84学級。

本校分教室(高等部)、県立大和南高等学校内に設置。

平成25年4月1日 小26学級、中20学級、高30学級となる。計76学級。
平成26年4月1日 小27学級、中19学級、高30学級となる。計76学級。
平成27年3月31日 鈴木友紀恵校長 退任
平成27年4月1日

第十三代 田所 健司校長 就任

小25学級、中20学級、高24学級となる。計69学級。

平成28年4月1日

小24学級、中17学級、高28学級となる。計69学級。

平成29年4月1日

第十四代 柏木 雅彦校長 就任

小23学級、中17学級、高30学級となる。計70学級。


このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権