更新年月日・2013年2月15日




YOU(あなた)メッセージ & I(私)メッセージ

みなさん、アサーションという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?アサーションとは「さわやかな自己表現」とも訳され、自分のことを主張しすぎることなく、かといって相手にあわせるばかりでもなく、自分の気持ちや考えを伝えながら相手のことも配慮する、自分も相手も大切にするやり方です。

さて、実際に自分の気持ちを伝えるとき相手の心に届きやすいのはどのようなものでしょうか。

例えば、子どもが遅く帰宅した時など開口一番「(あなたは=YOU)こんな時間まで何してたの!」と、とがめるような言い方をしてしまいがちです。これでは非難する言葉としてしか相手に届きません。「うるさい!」とけんかになるかもしれません。心の中では子どものことを心配していた気持ちがこれではだいなしです。

そこで、アサーションの「Iメッセージ」では、「連絡もないし(私は=I)ずっと心配だったのよ。」と主語を「あなた」から「私」に言い換えます。すると、子どもも「お母さん心配させてごめんね。」と素直になって、「ところで、何をしていたの?」「それはね・・・・・」とお互いに相手を思いやるコミュニケーションにつながっていくのではないでしょうか。

学校でも、家庭でも、相手を責めるニュアンスをなくす工夫をして、うまく自分の気持ちを伝えあえるようになりたいと思います。

さて2月の新着ニュースをお知らせいたします。ひとつめは、地震予知情報を気象庁から直接受信し発報する「緊急災害警報装置」が設置されたことです。8日には、初めてこの装置を利用して避難訓練を実施しましたが、児童生徒のみなさんは慌てることなく安全に避難ができました。また、1日には、中学部に芝田山(元大乃国)部屋の力士3人が来校し瀬谷場所が開催されました。小学部や高等部は見学をして、今本校ではお相撲ブームが巻き起こっています。14日は、小学部6年生が瀬谷区個別支援級の合同発表会で、歌とダンスを堂々と発表しました。たくさんの保護者の皆様に応援に来ていただいて心強いかぎりでした。 さて、学校も学年末に向けて締めくくりの時期となって参りました。一年間のまとめと来年度に向けての計画を、保護者の皆様と面談を交えて確かなものにして来年度に引き継いでいきたいと思います。ご協力をお願いします。

                                           (教頭 足立 靖子)



このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権