更新年月日・2013年3月12日




せやの子たちの母校は、行きたい学校!

この冬は、例年にない寒さとなり、3月に入っても真冬のような便りが各地から届いています。学校の周りでは、梅や菜の花が咲き、春を告げています。そんな中、児童生徒は、学習のまとめや卒業式の練習に励みながらも、グラウンドで走ったり、ボールを蹴ってサッカーに挑戦するなど、寒さに負けない体つくりも欠かさずにがんばっています。目標に向かってボールを蹴ることで、本人の分かりやすさだけでなく、応援する仲間も愉しそうです。みんなで学び合う姿は、春の陽ざしのように優しく暖かです。

さて、今年度は、安全で安心な学校生活ができるように、人権を大切にした教育や整理・整頓・清潔に心がけて参りました。特に、あいさつと準備・片付けは、重点項目として取り組みました。来校者から、学校のみんなが歓迎してくださっている感じがして、とても嬉しかったというお言葉をいただきました。また、講師として来校いただいた方のブログには、学校に落書きやゴミが一つもないと書かれていました。中にいると気づかないことですが、実際に学校にお見えいただき、同じ場で、同じ時間を過ごした方からこのような評価をいただけることはとても嬉しいことです。

児童生徒も、授業の準備や片付けを自ら行うことで、授業に見通しを持ち、達成感を味わっているようです。「せやの支援100」ということで、正面玄関左側の掲示板には、校内での工夫の様子を写真で掲示しました。教材教具展示会や各種催しでは、教材の具体物やご家庭で工夫されている支援グッズの展示も行いました。引き続き、児童生徒の分かりやすさを追求し、環境改善・教材作成に努めて参ります。


この一年、学校からのお便りをみなさまにお読みいただき、発信した情報がしっかりお届けできるように学校だより「けやき」を発行して参りました。行事予定も一緒にあって良かったという評価も寄せていただき、今後とも、更に情報共有が図れるような工夫をしていきたいと思っています。

卒業するみなさんが、いついつまでも誇れる母校であるよう、更なる分かりやすさや連携を促進し、いじめや体罰、不祥事の無い「行きたい学校」をめざします。この一年の学校へのご理解とご協力に感謝申し上げます。

                                           (校長 鈴木友紀恵)



このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権