更新年月日・2014年3月12日




改善の主役は子どもたち、ダンスでも大活躍!!

平成25年度は、夏の猛暑、秋の台風、そして、冬の大雪など厳しい気象の変化に見舞われました。その都度、保護者の皆様、通学支援員の皆様などに支えていただき、登下校での事故に遭わずに今日に至ることができました。児童生徒も、暑さのしのぎ方や雪の上の歩き方など色々な体験ができ、生きていく財産になっていることと思います。

そして、13日(木)には、高等部3年生46名が卒業します。12年間の学校生活から、社会人としての新しい道を歩み始めます。終業式の度に子どもたちの成長を感じて参りましたが、3年生になってからの一人ひとりの様子には、落ち着きを感じることが多々ありました。そんな3年生でも、社会人に向けた学習を重ねていく中で、不安な様子やいつもと違った様子も見られました。大きな節目だからこそ味わえる、今までとは違った体験だったことと思います。色々な事を一つひとつ、ご家族や友だち、支援者のみなさんと一緒に乗り越えてこられた3年生、お天気の悪さを乗り越えた体験と同じように、一つひとつが財産となって、課題を乗り越えるときの知恵となって発揮できることと思います。立派になられたみなさまの今日までの一生懸命を称え、これからの幸せを願って送りだしたいと思います。

平成25年度も締めくくりの時を迎え、学校便りけやきは、今年度最終号となりました。学校からのお便りや地域の情報を、できるだけまとめて、今年度の学校運営のスローガンである「わかる」をめざして、情報をわかりやすくお伝えできるように工夫してみました。安心・安全をめざして3年間の中期計画を作成して取り組んでまいりましたが、次年度が最終年となります。児童生徒が主体的に学び、安全な環境で安心できるよう、今年度達成できたいくつかをご紹介し、次年度も皆さんと共に力を合わせ、最善を尽くしたいと思います。

  • A棟プレイルームの床の改修

    じゅうたんを敷いた床はダニに注意が必要でしたが、まなびや基金にご寄付いただいた資金により、クッション素材の床に改修できました。 ちなみに、ご寄付に感謝し、高等部生徒が「恋するフォーチュンクッキー(まなびや基金バージョン)」のダンスを皆さんに披露し、元気をプレゼントします。3月20日からYouTubeで一般公開中! 動画はこちら

  • 児童生徒パソコン室の照度改善

    薬剤師による環境検査で照度不足の指摘があり、机配置の調整やパソコンの機種変更等により、改善できました。

  • 前庭のブロック塀及びアスファルト舗装の改修  他、いろいろ
  •                                    (校長  鈴木 友紀恵)


このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権