更新年月日・2016年4月15日




新たな出会いを糧(かて)に

4月5日、満開の桜に見守られながら、入学式・始業式が行われ、本校の平成28年度がスタートいたしました。新入生は小学部14名、中学部19名、高等部54名で、在校生と合わせて計292名となりました。

前回の『けやき(142号)』でもふれましたが、4月は、多くの新たな出会いが待ち受けている、旅立ちの季節です。子どもたちも、それぞれに成長し、希望に満ちた表情で登校してくれました。これからの1年間で、さらに大きく成長してくれるであろうことを、期待させてくれるような1年の始まりです。

我々大人も、子どもたちのひたむきに成長する姿から学び、新たな出会いを糧にして、一歩ずつ進んでいけたらと思います。

さて、本校では、昨年度(27年度)を、これまでの取組の検証を行う1年と位置づけ、『確かめ合う』を合言葉に取組を進めてまいりました。年度末には、保護者の皆さま、関係者の皆さまからのご意見も踏まえて、学校評価を行わせていただきました。

その検証結果を踏まえ、今年度は、新たに学校教育計画(4年計画)を立案するとともに、年度ごとの具体的な目標と方策を設定して取り組んでいくことといたしました。具体的な内容につきましては、改めてお知らせしますが、4年計画の1年目となる今年の合言葉は、『重点化&スリム化』です。それぞれの目標に向かって、必要な取組に絞って活動できるように、業務の精選を行い、子どもたちにとって「学びやすい」学校づくりに、力を注げるようにしていきたいと考えております。

新入学の子どもたちとともに、新メンバーの職員も加わり、新たな瀬谷養護学校が動きはじめます。保護者の皆さま、地域の皆さまのお力もお借りしながら、学校と地域をより良いものにしていきたいと思います。子どもたちはもとより、地域で暮らす全ての皆さんとともに、歩んでいける学校でありたいと思います。今年度も、充実した1年になりますように。

                                         (校長  田所 健司)

このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権