更新年月日・2008年7月4日




現場実習行って来ました

梅雨とともに校内の梅が収穫の時期を迎え甘酸っぱい香りを漂わせています。6月の初め、PTA主催で梅の収穫が行われましたが、その梅は梅ジュースなるのでしょうか。手作りというのは楽しみが増えて良いものです。この時期、晴れた日は屋外プールで水泳指導が行われ、子ども達の歓声が聞かれる頃ですが、屋外プール故まだ水温、気温とも低く中止が続いています。プールは子ども達にとってとても楽しみの一つです。安全には十分心掛け、1回でも多く水泳教室が出来ることを願っています。プール指導開始に備え6月6日(金曜日)に職員でプール掃除を行いました。先生達はデッキブラシを持ってプールの底や側面を掃除しました。お陰でとても綺麗になりましたが、問題が一つ発生しました。プールはシーズンオフも水を張っているため、排水溝の蓋が腐食し外れる状態でした。この排水溝はプールの水を全て取り替えるときに使用される排水溝です。水泳指導中は使用しませんが、翌週に業者に修理を委託し安全確認が出来ました。これで安心して水泳ができると思います。

1学期は高等部3年生の修学旅行に始まり、小・中学部の運動会そして遠足や宿泊学習が行われ、楽しい思い出が出来たことと思います。そして高等部では現場実習が行われました。初めて学校を離れて実習を行う2年生の顔には不安と緊張が窺えます。3年生は卒業後の進路選択に向けての実習です。毎年行われる現場実習ですが、いつも感じることは、実習が終了して学校へ戻ってきた生徒達のたくましく成長した姿です。学校にはいつも教員がそばにいて安心感があると思いますが、実習はたった一人で未知の世界へと環境が変わります。生徒達は職場の人たちとコミュニケーションを取り、仕事の指示を受け、職場のルールを守って1日を過ごします。それを3週間繰り返し、やり遂げます。私たちが「たくましくなったな。」と感じるのも当然と思います。実習を積み重ねることで生徒達は「私にも出来るんだ。」と自信を持ち、新たな挑戦の原動力となります。以前は3週間の期間の中で実習が終了していましたが、他校と実習が重なることが多く、なかなか3週間の期間で現場実習をカバーすることが難しくなりました。ただ、現場実習は進路決定に向け大変重要ですし、教育効果も高いものです。実習から帰ってきたお子さんと共に卒業後の生活についてご家庭でじっくりお話しをしていただき、卒業後の具体的なイメージを作っていただきたいと思います。

                                       (教頭 内田 豊)


小学部の運動会

1年生は瀬谷養護学校に入学して、初めての運動会!「ヨーイ、ドン」の合図で、みんなゴールに向かって一生懸命に走りました(徒競争)。1・2年種目「おーい。アンパンマン」は、とても可愛らしい演技でしたね。午後の「玉入れ」まで、大変よく頑張りました。

2年生はどの種目にもやる気満々で臨んだ2回目の運動会。特に、3学期から練習を重ねてきた徒競争では、最後まで走ったり、友達と競い合ったり…、それぞれがひと回り成長した姿でゴールを目指すことができました!笑顔がいっぱいの楽しい1日でした。

3・4年生は学部種目で「忍者修行でござる。忍!」を行いました。「これから忍者修業を始める。忍!」右手と左手で1を作って合体。「忍」の構えも格好よく決まり、元気な忍者たちは飛び石や橋渡り、壁登りを次々にこなしていきます。実践編では太鼓の音に合わせて瞬間移動の術で走ったり、竜巻起こしの術でくるくる回ったり、横とびの術で移動したりと目にもとまらぬ早業(?)の連続。そして最後は縦並びの術と横並びの術でビシッときれいな一列並びを披露しました。苦しい修業を終えた忍者たち、晴れやかな笑顔に忍者装束がよく似合っていましたね。

5・6年生の種目は『走ってグー、くぐってグー、リボンダンスでエクササ〜イズ』でした。昨年度の体育で行った「ビールケースをのぼっておりる」→「ハードルを跳んでくぐる」→「長縄を跳ぶ」→「リボンダンス」の流れで行いました。また、リレーでは、5・6年は、全員が参加してクラス対抗リレーを行いました。

一人ひとりが力いっぱい頑張った運動会となりました。大きな拍手、応援ありがとうございました。


中学部の運動会

生徒増のため中学部単独開催となって2回目の運動会は、5月24日(土曜日)に行われました。過去2年雨にたたられ運動会だったので、生徒も教員も一生懸命練習しつつも、関心は天気予報に。1週間前、今年は大丈夫という楽勝ムードだったのが、次第に雨が降りそうな予報に変わり、前日は3年連続の体育館をかくごしました。ところが、当日は太陽こそ余りでなかったものの、雨も降らず念願のグラウンドでの開催となりました。(当日に自称晴れ男女がたくさん出現したのはいうまでもありません)

開会式後の徒競走は、みんな中学部になって初めての体験でしたが、みんな力一杯に走りました。学年種目は1年生が「瀬谷の子☆パラダイス」、ディズニーの曲に合わせて、きれいなポンポンを持ってとてもかわいく踊りました。2年生は「瀬谷だ元気だ!!ロックソーランver.2」、ロックソーランには去年から取り組んでいるのでみんな慣れたもの。勇壮な踊りと躍動的な旗で、北の海が目に浮かぶような演技でした。3年生は「力を合わせて組み体操!!ホ!ホ!ホ!」、これも去年から取り組んでいるホ!ホ!ホ!で楽しく踊った後は、がちっとした組み体操で、特に最後の3段ピラミッドはとてもきれいに決まりました。各学年ともたくさんの拍手をもらいみんな満足そうでした。

午後からは、力強いエール交換と楽しいダンスの応援合戦から始まり、親子種目の「デカパンリレー」では、日頃の運動不足からかお子さんに遅れをとる保護者の方も見られました。最後のリレーはめまぐるしく順位が変わる熱戦でした。

今年は29対28という1点差の接戦を制し紅組が優勝、白組の準優勝で幕を閉じました。

今回の運動会では、保護者(特にお父さん)の方に用具係としてお手伝いいただきました。人手が足りない中で本当に助かりました。最後にはテントの撤収までお願いしてしまいましたが、快く引き受けていただきました。改めてお礼申し上げます。


このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権