更新年月日・2012年2月15日




その雪の日、瀬谷養護学校では…

1月24日(火)、深夜から早朝にかけての雪となりました。積雪はたいしたことありませんでしたが、朝方に路面が凍結し、交通機関の混乱(電車の遅延・道路渋滞)など通学・通勤には多大な影響を与えることになりました。そんな中、通学支援員さんや業務員の方たちが早い時間から通学路を整備してくださり大変助かりました。通学路はバス停から学校まで距離は短いのですが、バス通りは歩道が狭くそこが凍って歩きづらくなり、裏通りは車に踏み固められスケートリンクのように凍り、坂もあって危険な状況でした。危険な箇所には高等部の職員を中心に立ち番を出し見守りも行いました。チームで親身になって考えて行動し子どもたちの安全を確保できたひとコマでした

そして、一番大変だったのはスクールバスでした。瀬谷・泉・旭・大和の4ルートあり、平時は9時から9時10分くらいに到着するのですが、この日は最も早く到着した瀬谷ルートが9時45分で、最後が大和ルートの9時57分到着と、40〜50分も遅れました。各ポイントで待つ皆さんの中から情報が十分でなかったというご指摘もあり、申し訳ありませんでした。

今回のような緊急時や災害の時にスムーズに動けるよう体制は整えていますが、それでも対応に苦慮してしまう場面もあり、大震災や予想を超える事態が起きたらと改めて考えました。

防災に関しては準備をしてしすぎることはありません。いろいろな経験や防災への意識を風化させることなく、いざというときの備えを万全にしたいと思います。

                                            (教頭 川名 猛夫)


冬の感染症対策―まずは予防から

2月に入り、瀬谷区内ではインフルエンザが大流行し、すでに警報レベルに達しています。学童期の子どもに増加傾向があり、学級閉鎖も各地で行われています。本校ではこれまで集団発生はありませんが、まだまだ油断は禁物です。また、瀬谷区ではノロウィルスによる感染性胃腸炎の患者さんも目立ってきました。これらの感染症を防ぎ健康に過ごすためには、日ごろからの予防策が重要になります。

感染症予防のための こころがけ

  1. 外から帰った時、食事の前はしっかり手洗い・うがいをしましょう。
  2. 栄養バランスのとれた食事や適度な運動をしましょう。
  3. 早寝、早起きをして十分な睡眠をとりましょう。

ノロウィルス対策として

  1. 食品は十分に加熱しましょう。
  2. 嘔吐物の処理は塩素系消毒剤で十分注意して行いましょう。

保護者の皆様には、今後の流行情報に注意し、毎朝の健康観察をしていただき、いつもと違う様子が見られましたら、無理に登校せずにご家庭で様子を見ていただきますようお願いいたします。

                                                  (保健室)


このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権