更新年月日・2017年11月16日


分教室とは

神奈川県立の特別支援学校では、過大規模化への対応のひとつとして、神奈川県立の高等学校内に分教室を設置しています。

大和南分教室は、平成24年度に瀬谷養護学校2校目の分教室として神奈川県立大和南高等学校に開設されました。

「大和南分教室」は、特別支援学校高等部で、大和南高等学校の特別支援学級ではありません。


大和南分教室の教育

特別支援学校では、生徒一人ひとりの教育の充実をめざし、個別教育計画を作成し、個別のニーズに応じた教育をおこなっています。

大和南分教室では、瀬谷養護学校本校の教育目標および高等部の指導目標を踏まえ、大和南高等学校の中に設置された特色を加味した教育活動をおこなっています。学年(学級)一斉の授業や少人数のグループでの学習と、個別の課題に応じた授業形態で指導を進めています。高等学校の一部を利用しているため、施設や本体の高等学校の環境などにより、次の条件で生徒を受け入れています。

  • 集団活動中心の学習が可能なこと(健康面・生活面で常時の配慮を必要としないこと)
  • 自力通学が可能であること

なお、給食はありませんので昼食を用意していただきます。

平成29年度は、高等部1年生15名、2年生10名、3年生6名、教職員10名で学習を進めています。(人数は平成29年4月1日現在)



平成29年度大和南分教室 学校説明会のお知らせ

今年度の説明会は終了しました。


このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立瀬谷養護学校にお問い合わせください。 ⁄ サイトポリシー・免責事項・著作権